ミステリー小説まとめチャンネル

2ちゃんねるから酒の肴になるネタを厳選まとめ!!

 
 
Powered by BlogRing

loli-17

不適切な記事

テーマ:ショートショート


最近官僚が不適切な記事をブログに載せていた問題になっていた。

老人は死ね、だの、野球をやる奴は糞だの書く一方で、

自分の娘の写真を載せていた。

不適切発言とともに娘の写真もネットで晒されていた。


やはり公の仕事をしていると、ブログ等に投稿する場合、特別な注意が必要なのだ。

そこで私は自分のブログをもう一度確認してみた。


私のブログは日曜日にショートショートもどきの短編を載せている。

その他時々食べ物のことや、読んだ小説や観た映画の感想を書いている。

食べ物や小説・映画の感想は特に問題ないと思われるが、

問題なのは、ショートショートだ。

引用元:「日曜は勝手にショートショート」

【【ミステリー小説】 ブログ投稿への問題提起 『不適切な記事』を読んで、よ~く考えよう! (日曜は勝手にショートショート)】の続きを読む

loli-17

1: :2011/10/15(土) 14:08:14.47 ID:
主観で選出しても構いません

綾辻行人
長編:「迷路館の殺人」
短編:「ぼうぼう森、燃えた」
7: :2011/10/16(日) 00:20:03.28 ID:
泡坂妻夫
長編:「生者と死者」
短編:「生者と死者」
11: :2011/10/16(日) 23:41:48.43 ID:
横溝正史
長編「女王蜂」
短編「利口すぎた鸚鵡の話」
【【ミステリー小説】 各推理作家の最高傑作を挙げましょう! 主観で選出しても構いません…】の続きを読む

loli-17

1: :2013/04/19(金) 23:36:19.49 ID:
こんなセリフ平気で使うからミステリ作家は幼稚とか言われんだよ
17: :2013/04/23(火) 13:18:34.61 ID:
ミステリ作家が幼稚だと誰が言ってたのか
幼稚だなんて言ってる人は>>1しか知らない
19: :2013/04/25(木) 00:35:25.79 ID:
>>1
人間はそれぞれに矛盾を抱えて生きている。
どんな人も。
 
もてようと思って「”な、何い?”って言わねーよ」って言ってる奴がいたんですよ。
な、何い?男は黙って「な、何い?」「な、何い?」
【【ミステリー小説】 推理小説では何故「な、何い?」というセリフが多いのか? ← 言わねーよ! キャプテン翼だろ!】の続きを読む

loli-17

1: :2014/11/13(木) 23:47:53.95 ID:
パトリック・マンシェット、ジム・トンプスンが好きです。
最近ではウェストレイクの「悪党パーカー/人狩り」が面白かった。
みなさんのお薦めを教えてください。
7: :2014/11/28(金) 12:10:26.45 ID:
初期の藤沢周平。
「暗殺の年輪」「又蔵の火」「闇の歯車」辺り。
他にも「驟り雨」収録の「人殺し」とか。
 
一般的に人情物の人と思われがちだけど、実はジャパニーズノワールの大家だと思っている。
単なる血と暴力の見本市みたいなのとは、ひと味もふた味も違います。
【【ミステリー小説】 国内・海外作品を問わず、ノワールのお薦め本を教えてください!】の続きを読む

loli-17

1: :02/06/19 13:57 ID:
この際立ててしまおうではないか。
3: :02/06/19 14:54 ID:
以前はくどさがうざかったけど『最後から~』あたりから逆に面白味を感じるようになったよ。
チョト好きになりつつあるかも。
7: :02/06/19 17:59 ID:
>>3
真暗・密室× 最後・人魚○ か 真暗・密室○ 最後・人魚×
にけっこう分かれるような気もする。
ちなみにわたしも3に胴衣。

レスが付かないようなら、公式の雑文でもネタに(w
【【ミステリー小説】 作品内のギャグが分かりにくい推理作家 氷川透を語ろう!】の続きを読む

loli-17

4: :2014/05/07(水) 16:32:48.01 ID:
ススキノ探偵シリーズ
探偵はバーにいる (早川書房、1992年/ハヤカワ文庫JA、1995年)
バーにかかってきた電話 (早川書房、1993年/ハヤカワ文庫JA、1996年) - 「探偵はBARにいる」のタイトルで2011年に映画化。
消えた少年 (早川書房、1994年/ハヤカワ文庫JA、1996年)
向う端にすわった男 (早川書房、1996年/ハヤカワ文庫JA、1998年)
探偵はひとりぼっち (早川書房、1998年/ハヤカワ文庫JA、2001年)
探偵は吹雪の果てに (早川書房、2001年/ハヤカワ文庫JA、2004年)
駆けてきた少女 (早川書房、2004年/ハヤカワ文庫JA、2006年)
ライト・グッドバイ (早川書房、2005年/ハヤカワ文庫JA、2007年)
探偵、暁に走る (早川書房、2007年/ハヤカワ文庫JA、2010年)
旧友は春に帰る (早川書房、2009年/ハヤカワ文庫JA、2011年)
半端者 (ハヤカワ文庫JA、2011年)
猫は忘れない (早川書房、2011年)
【【ミステリー小説】 映画『探偵はBARにいる』で東直己ってやっと話題になったけど。。。】の続きを読む

loli-17

1: :2014/02/15(土) 18:24:49.31 ID:
全て読む気は起こらないので
この人の中からお薦めを数個頼む
2: :2014/02/15(土) 18:25:11.20 ID:
三毛猫ホームズ
3: :2014/02/15(土) 18:25:34.52 ID:
夢から醒めた夢
5: :2014/02/15(土) 18:25:38.08 ID:
マザコン刑事
【【ミステリー小説】 赤川次郎の本を大量に手に入れたのだが、全て読む気は起こらないので、お薦め本を数冊教えて!】の続きを読む

このページのトップヘ