1: :04/01/06 00:38 ID:
クリスティとか好きな人、いないかな?

Powered By 画RSS


2:04/01/06 00:38 ID:
ジョナサン・ケラーマンが好き
4:04/01/06 00:48 ID:
>>2
代表作教えて!
5:04/01/07 00:30 ID:
ゲイには本読む暇など無いの?
6:04/01/07 00:39 ID:
僕はメアリーHクラークが好きですよ。
7:04/01/07 00:57 ID:
海外限定ですか?
8:04/01/07 01:18 ID:
>>7
俺、横溝正史や江戸川乱歩も好きだから、
国内ミステリ好きもどうぞ!
9:04/01/07 05:29 ID:
>>8
だったらスレタイに「海外」って入れない方が良かったのに…。
その方が盛り上がったと思うけどな。
28:04/01/08 22:59 ID:
一応国内モノでもいいみたいだよ。
>>8
29:04/01/09 00:51 ID:
>>28
このスレッドを立てた時、
無性に海外物が読みたかったので、
タイトルに「海外」と入れてしまったのです。
もちろん、国内ミステリーの話題・批評も大歓迎!

ところで、綾辻の作品ってどんな感じなんでしょうか?
11:04/01/07 14:48 ID:
ステキなスレ 
あたしもクリスティーと横溝大好きよ
ねじれた家と真珠郎がお気に入り
クリスティー自身が選んだベスト10作品がやはりいいわぁあああ
12:04/01/07 23:32 ID:
>>11
おぉ!
「ねじれた家」は俺もお気に入りです!
確か中学生の頃に読んだけど、
あの真犯人は衝撃的だったなぁ・・・。
あと「そして誰もいなくなった」「メソポタミアの殺人」が好きだな。

古谷一行主演のTVドラマ「横溝正史シリーズ」のDVDいろいろ持ってるけど、
「真珠郎」も持ってるよ!
あと「仮面劇場」もおもしろかった。
この2作、小説の方は廃盤なのが残念・・・。
小説で好きなのは、「獄門島」「悪魔の手毬唄」。
14:04/01/08 00:01 ID:
>>12
そうそう犯人は衝撃的だったわ!
これ読んでからエラリーの「Yの悲劇」読んだらつまんなかった
横溝もアガサのトリックらしきものがちらほら出てくんのよねえ

綾辻さんを友達に薦められて読んだけど かわったトリックだったわ

アガサと横溝はトリックうんぬんよりも 人間がきっちり描かれているから
感情移入しやすくて好きなのよ


15:04/01/08 00:07 ID:
>>14
さん
ミステリー板にも書き込んだんだけど、
実は10年ぶりに海外ミステリを読んでみたくなって、
そこでいろいろ調べた結果、以下の8作品を候補に挙げたんだ。

火刑法廷
ユダの窓
三つの棺
毒入りチョコレート事件

黄色い部屋の謎
エジプト十字架の秘密
ギリシャ棺の秘密

とりあえずこの中から3作品を買ってみようと思うので、
どれを読むのが良いか意見を是非聞かせてください。
よろしくお願いします。
17:04/01/08 00:19 ID:
>>15
一時期バークリーが流行った時期があったわね。
ああいう推理の話し合いを延々し続ける系の話って、
私好きなのよね。
西澤保彦が私のお好みよ。
ブラックユーモアって感じかしら。
「死体で遊ぶな」って感じ。
不謹慎でいいわ。
67:04/01/19 14:55 ID:
>>15
ミセス・マギンティ
その中から3つ選ぶなら、
「ユダの窓」「エジプト十字架」「黄色い部屋」をお薦めしますわ。
次点で「毒入りチョコレート」ですわね。

クリスティーでは、あまり取り上げられない「シタフォードの秘密」が
結構良いのにね。
69:04/01/20 00:33 ID:
>>66
「葬儀を終えて」は、ポアロ物です。
大富豪の老人の葬儀の後に、
「だって兄は殺されたんでしょ」と爆弾発言をした少し頭の弱い末妹が、
その後、薪割りで惨殺されるというストーリーですよ。

>>67
 夜鷹 おせん様、アドバイスありがとうございます。
マギンティ夫人改め、白衣の鬼です。
実は最近、興味のあるミステリーを手当たり次第買いました。
よって、「毒チョコ」「エジプト十字架」「黄色い部屋」も手に入れました。
ただ、「ユダ」を売ってる本屋が1軒も見つかりません!
代わりに「火刑」「三棺」「皇帝」「緑カプ」「読者よ」を買っときましたが、
カー物で他におすすめはありますか?

>>68
「八つ墓村」は、
岡山県で実際に起きた「津山30人殺し」という
恐ろしい事件を基にしてることを知ってると、
本当に怖いです。
横溝作品をいろいろ読んでる人は、
「岡山って不気味な所だな」って思ってそう。
岡山県民としては、まんざらでもないけど。
71:04/01/20 14:02 ID:
>>69
そのポアロ物だったら犯人だけじゃなくて、
内容も良く覚えてるわ。印象に残る作品ね。
クリスティの作品の中では珍しく“サイコ”だと
思ったの。殺した理由ははっきりあったけど、
犯人に狂気を感じたわ。私も好きな作品よ。


それと、勿論「津山30人殺し」と『八つ墓村』の
ことは知ってるわ。横溝自身が岡山に
疎開していたのよね。そこで30人殺しの話しと
出会うの。運命的だと思うわ。

横溝自身も複雑な家庭で生まれ育ったのよね。
他の兄弟は異父とか異母とか全く血が繋がってないとか
そんなんだったわ。でもその兄弟たちは皆美形で
正史だけが一人、醜いアヒルの子だったらしい。
だから彼の描くどろどろした家庭像っていうのは、
実体験から来るものだったんだと思うわ。
そういう話し自体に惹かれちゃうのよね・・・
75:04/01/21 08:33 ID:
>>69
「ユダの窓」は古本で探した方が手に入れやすいのかもしれませんわね。

比較的に手に入れやすく、お薦めしたいのは、
「曲がった蝶番」「プレーグ・コートの殺人」
「白い僧院の殺人」「赤後家の殺人」
カーの歴史物も読んでいただきたいけど、入手難なので
それらは見つけ次第、即購入をお願いしたいわね。
短編集もお薦めしたいわね。とりあえず「不可能犯罪捜査課」あたりを。
プレーグ・コート以外はすべて創元推理文庫から出てますわ。
78:04/01/22 00:52 ID:
>>75
 夜鷹おせん様
「赤後家」は持っております。
で、今度「蝶番」「プレーグ」を買って見ようと思います。
あと、「第三の銃弾」「帽子収集狂事件」「魔女の隠れ家」「連続殺人事件」「髑髏城」
などについての評価もお聞きしたいです。

カーの歴史物>「ビロード」はよく見かけるんですが、
ちょっと分厚すぎかな・・・と思います。
13:04/01/07 23:37 ID:
私あれが好き、私はこれが好き。
このワンパターンの応酬に終始する最低のスレだな。
書き込む奴もきっと蛆虫みたいな連中なのだろう。
16:04/01/08 00:19 ID:
>マギンティさん
あたしアガサと横溝は全部読んだんだけど
他の方の作品には詳しくないのよ ごめんんさい
なんかおもしろい作品があったら 教えて下さいね
19:04/01/08 00:39 ID:
>>16
さん
では、クリスティのベスト5なんかを教えていただいたら嬉しいです!

俺もクリスティ以外は詳しくないけど、
ジョン・ディクソン・カー(カーター・ディクソン)の
密室トリックものは凄いらしいです。
一度読んでみてはいかがでしょうか?

21:04/01/08 00:56 ID:
>>19
カーター・ディクソンの密室トリック 読んでみるわ

あたしが好きだったのは ねじれた家 終わりなき夜に生まれつく 0時間へ
            検察側の証人 あと葬儀を終えてか五匹の子豚か
            どっちか内容忘れた
18:04/01/08 00:35 ID:
ルイ14世時代とかオカルト好きなら「火刑」
残虐な連続殺人が好みなら「エジプト」
ゆったりどっぷりつかりたいなら「ギリシア」
古き良き時代の探偵小説なら「黄色」
渋好みなら「樽」
ややこしいのがよければ「棺」かな
どれも面白いと思うけど
20:04/01/08 00:41 ID:
>>18
さん
ありがとうございます!
「ユダ」「毒チョコ」も読まれてますか?
22:04/01/08 00:58 ID:
>>20
ユダと毒チョコは未読
でも、ユダは法廷物が好きな人にはおもしろいと思います
どちらも古典的傑作選にはよく入るね
あー ここ見てて、ひさしぶりに カー、クリスティ、クイーン
読みたくなった
23:04/01/08 01:03 ID:
>>21
俺も「終わりなき夜」好き!
恋愛小説っぽかったけど、
あのラストは怖かったな・・・

>>22
「ユダ」もおもしろそうですね。
24:04/01/08 01:10 ID:
22です
カーはわりと読んだんだけど「火刑」は好きだったなあ
全体の雰囲気がよいです
あとは処女作の「夜歩く」が妙に好き。
「魔女の隠れ家」「曲がった蝶番」もいい味してます
25:04/01/08 01:13 ID:
最近、新潮文庫で出た伊坂幸太郎の「オージュポンの祈り」ってのを読んだ。
細部にいたるまで、よくまで作りこまれていて濃密な本だったよ。
26:04/01/08 01:20 ID:
それから佐野眞一「東電OL殺人事件」
これはミステリーじゃなくってノンフィクションなんだけど。
ミステリーとして読んでも面白いんじゃないかと思うんだが…

(ちなみにこの東電OLの墓って、本の中では名は伏せられてたけど、
オレの憶測では横溝正史の墓があるのと同じ霊園っぽいんだが。)
27:04/01/08 01:21 ID:
伊坂さんは若手では定評あるね。いい男だし。
「オーデュボン」は新潮ミステリー倶楽部賞受賞作
でもここは海外もののスレッド・・・
30:04/01/09 00:53 ID:
綾辻の「殺人鬼」最高(・∀・)イイ!!
31:04/01/09 01:03 ID:
>>30
この人、「○○館の殺人」シリーズをいっぱい書いてるよね?
「十角館」だけ持ってるけど、読んでない・・・。
オススメですか?

「殺人鬼」>そそられるタイトルだ。
35:04/01/09 10:38 ID:
>>30
殺人鬼は吐き気しそうなお話よね。
でも、多分ミステリーではないわね。
>>25
オーデュポンは面白かったわ。
でも、新潮ミステリー倶楽部賞って
あまり話題にならなくて
この人くらいで終わりになった気がする。
さらに出版が遅れたのかその年のこのミスに取り上げられなかったわ。
32:04/01/09 03:01 ID:
最近読んだ中で一番面白かったのは黒川博行「国境」
マジおすすめ。
33:04/01/09 03:04 ID:
館●のエラリィさんはいないのかすらー?
36:04/01/09 11:35 ID:
ベタだけどパトリシアコーンウェルは面白くて全作一気に読めたわ。
スカーペッタ以外のはつまらないわね、残念だけど。
44:04/01/12 01:43 ID:
今、ジェイムズ・エルロイの「わが母なる暗黒」って自伝を読んでます。
45:04/01/12 02:49 ID:
ゲイが主人公のミステリーってないですか?
46:04/01/13 01:59 ID:
ジェイムズ・エルロイ読了。
「写真の少年」の章はポール・オースター「ムーン・パレス」の悪ガキ版ってかんじで面白かった。
でも、これってノンフィクションなんだよねぇ。壮絶だ。
47:04/01/13 14:12 ID:
>45
いっぱいあるよ。
マイケル・ナーヴァ『このささやかな眠り』など。
ジョン・モーガン・ウィルソン『夜の片隅で』など。
ジョゼフ・ハンセンはゲイ探偵もののパイオニア。長いシリーズもの有名です。
自分でいろいろ調べてみましょ。
49:04/01/14 21:57 ID:
日本の推理小説で主人公がゲイまたはビアンのものってあるのかな。
子ども用の小説や、それとなくにおわせる程度じゃなくって。
64:04/01/18 18:21 ID:
そういう問題じゃないような気もするが…。

まあ、ゲイなら、ゴダードの『蒼穹のかなたへ』ははずせんだろ。
つってもゴダードはとくにゲイに共感あるわけではなくて、ただ道具立てとして
使ってるだけだが、それでも、切ない話よ。
72:04/01/20 21:04 ID:
フロスト好きです。夜のフロストと、何か合わせて2冊読んだ。
でも、ケーブルのミステリチャンネルでやっている
「警部フロスト」が大大大好き!
「ホミサイド」以来はまった海外ミステリドラマです。
74: :04/01/20 22:47 ID:
>>72
『クリスマスの~』『~日和』『夜の~』と
3巻しかまだ翻訳されてないのよね。
ほんとはまだあと3冊くらい出てるはずよ。
翻訳が遅いったらありゃしない!
『夜の~』だって10年くらい前のフロストが
やっと翻訳されて出版されたんだから。(怒

アテクシはTVシリーズは全然見てないのよ。
DVDボックスで買おうかどうかいつも迷うんだけど、
何となくふんぎりがつかなくて・・・
そんなに面白い?やっぱり見るならDVDで
一気に見たい~

>>73
ナーヴァって知らないわ。ググってみます。
SFとかホラーじゃないわよね・・・
80:04/01/22 15:20 ID:
ほんと、日本人て本国の人より古典的ミステリを
愛読してると思ったわ、このスレを見ても。
それにしても皆さんすごいわね。
いろいろ読んでて尊敬しちゃうわ。
レスありが㌧
最近放送中の海外ドラマはどれも面白くないから
はっきりいってそそられるわぁ。
DVDボックス ホスィ(゚д゚)
金田一シリーズのボックスも欲しいと思ってたんだけど
あぁ・・・宝くじでも当たらないかすぃら?
76:04/01/21 15:48 ID:
夜鷹おせん様ってすごい本格的な
ミステリ読者って感じ・・・アテクシは現代物とかが
好きなチャラチャラ読書家だから、
そういう難しそうなのは読めないわ~。
特に系統だって読むべきなものをきちんと
読むのが苦手。好きな時に、よさげな本を
手に取るだけ。性格の問題かもしれないけど。

短編集で好きなのは『黒後家蜘蛛の会』とか
火曜クラブものかしら。勿論ドイルも好きだわ。
ドイルなんて子供向けと思ってる人で未読の
方がいたら是非薦めるわ。意外と英国の当時の
生活とかが垣間見えて楽しめると思うわよ。
77:04/01/21 19:26 ID:
ゲイ・ミステリーのお勧めはマイケル・ナ-ヴァ
シリーズものなので一作目の『このささやかな眠り』から読むといいよ。
ジョゼフ・ハンセンもいいけどシリーズ後半はテーマ
(マイノリティに対する差別、偏見など)とミステリーの部分が
上手く融合しなくなっている。
超お下劣抱腹絶倒ゲイ・ミステリー
トニ-・フェンリーのマット・シンクレアが主人公の
『おかしな奴が多すぎる』扶桑社ミステリー
『首吊りクローゼット』角川文庫
残念ながらどちらも現在絶版。
古本屋で見つけたら絶対買うべき。
現在『壁のなかで眠る男』新潮文庫は本屋にあります。
別シリーズで女が主人公だけど、だんなはゲイ。

フロストの親父いいよね。
笑わせて泣かせてくれる。
クリスティ-は簡単なので原書で読むといいよ。
ほかお勧めは
ト-マスHクック、ロバート・ゴダード
ドナルド・ウェストレイク
連城三紀彦 京極夏彦 桐野夏生

90:04/01/26 12:56 ID:
ジェフリー・ディーバーはどう?
アテクシはリンカーン・ライム・シリーズは
さほど好きではないわ。
でも『静寂の叫び』は大好き。
いぶし銀の刑事が出てくるのよ。
有能なんだけど、心に孤独を抱えている
ような・・・そんなオヂサン。
どうもそういうのに弱いわ。
92:04/01/26 23:06 ID:
>>90
リンカーン・ライムシリーズのトムタンが好き。
なんか、お仲間っぽいわね~と思ってたら、やはりそうだったわね。
文章だけで、ホモオーラを漂わせるなんて、大した筆力ね。
ああ、トムタンと介護プレイがしたい!

でも、シリーズは回を重ねるにつれ、つまらなくなってきてるわ。
95:04/01/27 19:13 ID:
>>92
トムはさすがにプンプンしたわね。w
でもあーいう自己抑制の利いた、有能な人って
日本人にはあんましいないって思うわ。
末永く元気に活躍して欲しいキャラだけど。
シリーズは確実につまんなくなってるのに同意。

>>94
あらごめんなさい、そのタイトルは『嘘、そして沈黙』
というタイトルよ。マーティン・スコットだったかすぃら?
扶桑社ミステリーから出てます。
でも今更古いって感じの内容かもよ。
古本屋でいくらでも探せるわ。その昔ヒットしたから。

『過去そして惨劇の始まり』ってのが2巻だったわね。
当時はセンセーショナルだったんだけどねぇ、今読み返す
とそれ程じゃないっていう作品のひとつだってあたしは
思うわ・・・。

ジェフリー・アーチャーは何冊か読んだわ!
短編と100万㌦。
107:04/01/31 03:07 ID:
>>106
レスありがとー。上の方のレス見てなかったです。
ブックオフにはまだ見当たらないの。気長に探すわ。
殺人無しのミステリーって?? 楽しみ。

ゴダードの『蒼穹のかなたへ』入手しました。
このスレ、みんなわかりやすいやり取りしてて、本選びの参考になりまし。
余談だけど、パトリシア・ハイスミスってレヅだったんだってね。
あのクールさに痺れる。
レヅ探偵、ゲイ探偵を書いてるのに
自分はヘテロ(結婚&こどもありとか)な作家ってよくわかんないなあ。
億万長者のコーンウェルはレヅって噂だよね。
姪のケイ(だっけ?)に自身を託しているとか…ゴシップスマソ。
116:04/02/01 22:55 ID:
ゴダードは、読み始めたら途中でやめられんくなるっしょ。
オレ的にはあと『リオノーラの肖像』とか『千尋の闇』が好きだが、
ゴダードの場合、読み手によって推す作品が違ふので、
ま、本屋で縁があったものをお読みゃれ。