1:2012/07/23(月) 15:23:09.69 ID:
10位「慟哭」貫井徳郎

幼女連続殺人という陰惨極まりない内容で鬱になるが
その見事な構成は一読の価値あり
ミステリを読み慣れた人にはオチが読めてしまうかもしれないが
それを補って余りあるストーリー運びの面白さ
3:2012/07/23(月) 15:23:57.52 ID:
続けたまえ
6:2012/07/23(月) 15:24:29.39 ID:
9位「仮面山荘殺人事件」東野圭吾

今や大ヒット作家となった東野圭吾の初期の傑作
本来なら「名探偵の掟」でパロディ化されかねない大掛かりな舞台装置だが
練りに練った仕掛けが見事に決まっている
「容疑者Xの献身」や「手紙」を読んで東野圭吾をぬるいと思ってる奴は
ぜひこの「仮面山荘殺人事件」を読んでみるといい
8:2012/07/23(月) 15:25:19.94 ID:
ふむ
 
Powered By 画RSS


9:2012/07/23(月) 15:25:21.05 ID:
叙述ばっかりかよ
どうせどこかで殺戮にいたる病が来るんだろ
10:2012/07/23(月) 15:25:36.02 ID:
>>6
これ面白いよな
東野圭吾はあんまり好きじゃないけど、これと「名探偵の呪縛」は好き
11:2012/07/23(月) 15:25:47.26 ID:

8位「イニシエーション・ラブ」乾くるみ

厳密にはミステリの枠には入らないラブストーリーだが
その衝撃のラストでミステリマニアの間では必ず名の挙がる傑作
「最後の一言」へ向けて緻密に計算された構成は実に見事で
読み終わった後に必ずやもう一度読み返したくなる
ミステリ畑ではなく敢えて恋愛小説でこれをやった作者のしたたかさに脱帽する
12:2012/07/23(月) 15:26:01.53 ID:
どうせ一位はネタで水嶋ヒロとかもってくんだろ?
15:2012/07/23(月) 15:27:09.95 ID:
>>11
こういう評価みると最後の一言から読みたくなっちゃう
17:2012/07/23(月) 15:27:28.29 ID:
7位「ロートレック荘事件」筒井康隆

ショートショートの名手による傑作ミステリ
その精緻かつ大胆な衝撃のトリックは
「某傑作エ○ゲ」に影響を与えたんじゃないかと個人的に思っている
若干読み辛いのが難点だがそのラストは思わず唸ってしまうこと請け合い
ちなみにどこかのバカがウィキペディアで堂々とネタばらしをしているので
決してウィキペディアを見てはいけない
21:2012/07/23(月) 15:29:25.79 ID:
6位「異邦の騎士」島田荘司

島田荘司といえば「占星術殺人事件」「斜め屋敷の犯罪」が有名で
確かにミステリとしてはそっちのほうが傑作なんだが、
単純に読み物として面白いのはこの「異邦の騎士」
冒頭からぐいぐい読者を引き込む筆力、二転三転する展開、
そして何よりも御手洗潔という探偵の魅力が炸裂している
ある程度御手洗潔シリーズを読んでから読むといい
改訂版が出ているのでできればそっちがお勧め
25:2012/07/23(月) 15:32:00.81 ID:
5位「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎

ベストセラー作家伊坂幸太郎の中で特にミステリマニアに評価が高いのがこれ
また単純に青春小説としても非常に優れている
伊坂作品特有の「気障な台詞回し」「どうでもいい音楽薀蓄」
「胸ク○の悪い悪役」も健在で、苦手な人は引いてしまうかもしれないが
それを補って余りあるストーリーの面白さ
またこの手の作品には珍しく映像化(映画)が見事に成功していて
そっちもお勧め
27:2012/07/23(月) 15:33:08.08 ID:
好感の持てる批評だ
28:2012/07/23(月) 15:33:11.07 ID:
>>21
面白いけどシリーズ物前提の内容だったから、1行目の2作を読んでないとちょっと……。
29:2012/07/23(月) 15:34:37.08 ID:
>>28
暗闇坂しか読んでないんだけど大丈夫?
30:2012/07/23(月) 15:34:39.65 ID:
4位「殺戮にいたる病」我孫子武丸

そのエ○グロ描写のあまりのえげつなさに読む人を選ぶ作品だが
ミステリとしては傑作中の傑作
解説に「読み終わったあとしばらく呆然となる」とあるが確かにその通り
しばらく何が起きたのかわからなくなるだろう
ミステリマニアに特に評価の高い作品で、
おそらくミステリ人気投票をしたらこれが1位か2位になると思う
だが個人的な話をすると、衝撃度では
以下紹介する3作品ほどではなかったので4位
31:2012/07/23(月) 15:35:36.07 ID:
アヒ鴨は映画が意外にも良かった。瑛太見直した
33:2012/07/23(月) 15:36:01.12 ID:
>>30
途中まで読んだがこれってミステリなのか?厨ニが殺人犯すだけの小説じゃない
36:2012/07/23(月) 15:37:30.48 ID:
>>29
多分大丈夫だと思う。
シリーズの中でいきなり異邦の騎士から読むのはちょっとどうかってだけ。
38:2012/07/23(月) 15:37:54.36 ID:
3位「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶午

2004年度「このミステリが凄い」1位になり
そのラストに賛否両論を巻き起こした問題作
ミステリを読んでいてオチで「足元が崩れ落ちるような感覚」というのは
そうそう味わえるもんじゃないが
自分は人生で3回、この「葉桜」と次に紹介する2作品でその感覚を味わった
このオチは人によっては「だから何だ?」と白けてしまったり
中には「ふざけるな!」と壁に叩きつけてしまう奴もいるみたいだが
この衝撃を味わいたいがためにミステリを読んでいる自分としては大満足だった
39:2012/07/23(月) 15:38:14.44 ID:
>>33
最後まで読めよw
43:2012/07/23(月) 15:39:08.61 ID:
1位は黒い仏だな
45:2012/07/23(月) 15:40:10.54 ID:
時計館はよ
46:2012/07/23(月) 15:40:34.86 ID:
>>38
歌野出すなら密室殺人王手飛車取りだろう
あれはイイ、ミステリするだけの簡単な本だ
48:2012/07/23(月) 15:40:40.20 ID:
星降り山荘とかだったりして
51:2012/07/23(月) 15:41:51.66 ID:
2位「向日葵の咲かない夏」道尾秀介

大ベストセラーかつ「葉桜」以上に賛否両論を巻き起こした
ミステリ界の問題作中の問題作
ある日突然タヒんだ子供が蜘蛛に転生し喋り出すという突飛な設定、
入っていけない人は全く入って行けない
だが今やミステリでこれだけあらゆる設定が食い尽くされた中で
これを思いついた作者の発想とその開拓者精神には感動した
葉桜と同じく「だから何?」と本を叩きつける者もいるようだが
自分は「この手があったか!」と思わず声に出して叫んでしまった
「葉桜」と違い極めて陰惨な内容なので覚悟を決めて読むべし
だがその陰惨さが奇妙な味となって何ともいえない読後感を残す
自分の中では間違いなく傑作
52:2012/07/23(月) 15:42:33.26 ID:
>>48
あれはいいな
バカバカしくて好きだ
64:2012/07/23(月) 15:46:48.80 ID:

1位「十角館の殺人」綾辻行人

ほとんどの人間が読んでいるだろうがやはりこれを1位にせざるを得ない
新本格ブームを到来させた日本推理小説史上に燦然と輝く傑作中の傑作かつ
自分をこの世界に引きずり込んだ思い出の一作
今となっては目新しいオチではないが当時は斬新だった
これを読んだ若手作家がこぞって新本格に走ったのもわかる
オチばかりに目が行くこの作品だが
今回改訂版を読み返して思ったのはストーリーの見事さ
冒頭から一気に読者を引きずり込み息もつかせぬままラストまで持って行く
もし「読者がページをめくる速さ選手権」などというものがあったら
この作品が1位になるんじゃないか
もしまだ読んでいない奴がいたらそいつは幸せ者だ
65:2012/07/23(月) 15:47:15.78 ID:
結局一位はこれかwwww
66:2012/07/23(月) 15:47:29.49 ID:
しかしこのラインナップで日本推理ベストはないだろう
現代推理ならまだわかるが
67:2012/07/23(月) 15:48:02.25 ID:
これはミステリとしての順位じゃなくて単純な面白さ重視なのか?
69:2012/07/23(月) 15:48:15.25 ID:
黒死館殺人事件は?
72:2012/07/23(月) 15:49:02.70 ID:
じゃあドグラ・マグラは?