1: :2009/10/10(土) 23:15:19 ID:
「空飛ぶタイヤ」とかかなり好き。


2: :2009/10/10(土) 23:53:11 ID:
最高や!!
6: :2009/10/13(火) 10:42:00 ID:
食わず嫌いの人が多そうな作家だよね。
読んでみるとかなり面白いんだけど。

Powered By 画RSS


7: :2009/10/14(水) 00:10:25 ID:
「仏蘭西ノオト」(ハヤカワミステリワールド)早く出してくれないかな~


8: :2009/10/14(水) 22:42:08 ID:
「銀行総務特命」のシリーズが好き。


9: :2009/10/15(木) 12:04:41 ID:
思わず熱くなる作品が多い。
「タイヤ~」とか「バブル~」とか。
10: :2009/10/15(木) 13:04:00 ID:
空飛ぶタイヤあらすじ観てみたけど、「家族の為に頑張るお父さんの話」なんて別に読みたく無いから止めた
13: :2009/10/17(土) 22:13:54 ID:
MISTとがBT’63みたいな非金融系はどんな感じですか?


14: :2009/10/22(木) 11:51:27 ID:
>>10
空飛ぶタイヤは「家族の為に頑張るお父さんの話」ではない
むしろメーカーの人間や銀行員の葛藤がおもしろいんだが
15: :2009/10/22(木) 17:12:42 ID:
架空通貨もいいぞ!
架空通貨に支配された田舎町の描写は不気味にして鮮烈。
乱歩賞受賞作は凡作なのにね。


17: :2009/10/25(日) 23:40:18 ID:
「仏蘭西ノオト」は版元トラブル説をどっかで見たんだけど、実際はどうなの? 出版されるの?
18: :2009/10/31(土) 21:26:23 ID:
「鉄の骨」
ゼネコン談合ものらしい。すこし気になる。読んでみよう。
19: :2009/10/31(土) 21:45:52 ID:
本屋で見た。帯の台詞がインパクトあったから、少し立ち読みしたが、なかなかその場面にならなかったので、棚に戻した。
24: :2009/11/15(日) 00:59:58 ID:
『鉄の骨』読了。
オチはスッキリ爽やか系のエンタメ本でした。
時々悲惨極まりない境遇に落とされる経営者やリーマンが登場する作品もあるけど、今作はそういうのは殆どなし、TBS日曜9時のドラマみたいな感じ。
 
主人公とその彼女の扱いや、主人公の仕事が、池井戸作品にしては珍しくトントン拍子で進んでしまう展開とか、ちょっとうまくいきすぎなんじゃない的不満も感じますが、その分読み口読後感はスッキリでした。


26: :2009/12/05(土) 22:58:43 ID:
架空通貨といえば円天?
30: :2010/01/13(水) 16:13:14 ID:
鉄骨よりタイヤの方が、キャラの切迫感とかあった。
32: :2010/01/18(月) 23:15:01 ID:
今一番お気に入りの作家
池井戸さんこれからもいい本期待してます
33: :2010/01/22(金) 21:56:06 ID:
オレたちバブル入行組で池井戸を初めて知り、オレたち花のバブル組も面白く読んだ
銀行は違えども池井戸と同じ年に入ったのでとても共感したな
 
空飛ぶタイヤはページをめくる手が止まらずに、ウィークデイに関わらず、2日で読み終えたわ
 



34: :2010/01/22(金) 22:01:55 ID:
銀行員の多くが無理やり契約させられているニッキン(日本金融通信)という週刊新聞に「狂咲舞の事件ファイル」というタイトルの小説を連載中


 
36: :2010/03/03(水) 12:14:11 ID:
鉄の骨、ものすごく面白かった。でも、主人公と彼女が一昔前の若者みたいで気になったけど、ほかにそんな人いる?
>>30
>タイヤの方が、キャラの切迫感とかあった。
これに超同意。
37: :2010/03/06(土) 13:53:05 ID:
第31回吉川英治文学新人賞には池井戸潤さんの「鉄の骨」(講談社)と
冲方丁(うぶかた・とう)さんの「天地明察」(角川書店)が選ばれた。
てことで、おめでとうございます。
40: :2010/03/22(月) 17:30:28 ID:
たくさんの本を読んだとは言えないが、この作家の本は本当に楽しめる。 中毒性があるので睡眠時間が減ります
41: :2010/03/22(月) 22:40:53 ID:
「官能銀行」
リアリティは無いが興奮した

それはそれとして、リーダビリティが抜群だよね、この人。ストーリー展開もうまい。作品に外れがないのは凄い。ただ、色んな意味でステロタイプ的・ありきたりな所がある。
42: :2010/03/25(木) 03:59:17 ID:
教えてください
「BT’63」のタイトルの意味
本編にでてきたトラックは「BT21」なのに何故???


43: :2010/03/25(木) 09:46:16 ID:
乱歩賞受賞作が一番レベルが低いという稀有な作家だよね。


44: :2010/03/25(木) 16:49:52 ID:
>>43
銀行時代にずっと装着させられてた「馬鹿養成ギプス」の後遺症だな。
その後、徐々に本来の感性を取り戻して、作品も面白くなっていった、と。
45: :2010/04/07(水) 19:07:50 ID:
>>42
ふつうに1963年(昭和38年)なんじゃないの?
池井戸さんが生まれた年でもある
46: :2010/04/07(水) 20:24:10 ID:
池井戸の面白いところは勧善懲悪の痛快現代小説ってとこだと思う
47: :2010/04/08(木) 13:15:43 ID:
>>42
お父さんの名前はOh~マギー司郎
48: :2010/04/09(金) 00:08:20 ID:
「仏蘭西ノオト」は、リライト中で刊行が遅れていると版元に聞いた。
この人は、雑誌に連載されたものは、単行本にするときは全面的に手を入れるらしいよ。
50: :2010/04/12(月) 20:39:36 ID:
>>43
乱歩賞受賞作がレベル低いのは当然だと思うけど、デビュー作なんだし。直木賞だったらちょっと問題だけど
>>46
そうだね、現実は常に正義が勝つとは限らないから、小説だけでもスカッとしたいよ
51: :2010/04/14(水) 15:08:34 ID:
乱歩賞受賞作が一番だったら逆に困るだろw
57: :2010/05/28(金) 01:34:54 ID:
民王読了。
面白いことは面白いけど、設定が設定だけに軽い。他の作品のような暑苦しさはない。登場人物は正論をぶつんだけど、ステレオタイプで薄っぺらい。

当然それを狙って書いたんだろうけど。政治に文句ばっか垂れてて、マスコミ大嫌いな2ちゃんねらには受けるかも。
59: :2010/06/05(土) 13:09:50 ID:
「民王」
面白かったです。胸が熱くなりました。


60: :2010/06/12(土) 09:17:41 ID:
ニッキンの「狂咲舞」面白いね。
しかし、連載中のドッペルゲンガーはどう始末をつけるつもりなんだろう。 これって「不祥事」の続編になるだろうけど、長くシリーズを続けてほしいな。
64: :2010/08/27(金) 19:41:19 ID:
この人は「信念」を流れるように書くのが上手いね
16: :2009/10/22(木) 17:14:57 ID:
お笑いみたいな名前w
12: :2009/10/15(木) 20:25:43 ID:
あまーーーーーい