【ストーリー】
天才が同時代、同空間に存在する時、周りの人間に何をもたらすのか?
野球選手になるべく運命づけられたある天才の物語。

山田王求はプロ野球仙醍キングスの熱烈ファンの両親のもとで、生まれた時から野球選手になるべく育てられ、とてつもない才能と力が備わった凄い選手になった。王求の生まれる瞬間から、幼児期、少年期、青年期のそれぞれのストーリーが、王求の周囲の者によって語られる。わくわくしつつ、ちょっぴり痛い、とっておきの物語。


Powered By 画RSS


【感想文】
まず驚いたのが、この作品は意外と否定的な意見が多いということ…
こんなにワクワクする作品なのに何でだろう?

主人公は不幸なドカベン、または不幸な松井秀喜みたいな感じ
不幸な清原和博とか…
あっ、清原は実際に不幸の匂いがプンプンか!

天才の孤独を見事に描いた傑作かと
まあ、自分が天才ではないから、本当に見事に描けてるか責任は持てんが…

シェイクスピア『マクベス』の設定も凄く上手に使ってるしねえ。
残念ながら、『マクベス』も未読だが…

以上、この作品はミステリー小説だと断言しても良い!
ところで、ミステリー小説の定義ってなんだろう?

まあ、面白ければいいでしょ~~
野球小説の最高峰であることは間違いないんだし。
野球小説…これまで読んだことあったかな??
by友治の孫


最新情報!!

【バブル到来】俺の月収が400万超えたんだけど何か質問ある?

面白くても、つまんなくてもポチして~~!!

ミステリー小説 ブログランキングへ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(趣味)へ
にほんブログ村