【ストーリー】
長野県の旧家で、中学3年の長女が殺害されるという事件が発生。突き飛ばされて柱に頭をぶつけ、脳内出血を起こしたのが死因と思われた。現場は、築100年は経つ古い日本家屋。玄関は内側から鍵がかけられ、完全な密室状態。第一発見者の父が容疑者となるが…(「狐火の家」)。

表題作ほか計4編を収録。防犯コンサルタント(本職は泥棒?)榎本と、美人弁護士・純子のコンビが究極の密室トリックに挑む、防犯探偵シリーズ、第2弾。

【著者略歴】
貴志祐介。1959年大阪生まれ。京都大学経済学部卒。96年『十三番目の人格-ISORA-』でデビュー。翌年『黒い家』で日本ホラー小説大賞を受賞、ベストセラーとなる。05年『硝子のハンマー』で日本推理作家協会賞、08年『新世界より』で日本SF大賞、10年『悪の教典』で山田風太郎賞を受賞。

Powered By 画RSS


貴志祐介作品のキャラクターと言えば、映画化された『黒い家』での大竹しのぶが劇中で叫ぶ
「オラ~~、乳吸えや~~!」
が最も強烈。
最近では、『悪の教典』のハスミンも最強なキャラだ。

奴等と比較したら、この作品の防犯探偵 榎本は強烈さでは劣るが、味のあるキャラには間違いない。
本業は恐らく泥棒…
クールだが、なかなか失礼なセリフが多い。
泥棒のくせに相棒の美人弁護士や警視庁捜査一課の警部補にも上から目線でものを言う。

ドラマでは榎本が嵐の大野智か…
ドンピシャなような、ミスキャストのような…

前作『硝子のハンマー』は1つの密室について徹底的に究明したが、この作品は短編集なので、まさに密室三昧だ!
未読だが、『鍵のかかった部屋』も密室に違いない。
タイトルからしてねえ…。

本作では、密室の魅力意外にも蜘蛛蒐集家のキチ話や、榎本のひねくれた恋なども笑える。
貴志祐介の作品は全てお薦めかも…
2chのまとめ記事も出したいがハゲネタばっかなので、貴志先生に失礼かと…
ハゲは男のSEXアピールポイントだけどね!
by友治の孫


最新情報!!

【バブル到来】俺の月収が400万超えたんだけど何か質問ある?

面白くても、つまんなくてもポチして~~!!

ミステリー小説 ブログランキングへ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(趣味)へ
にほんブログ村