loli-17

こんなお約束事

テーマ:ショートショート

探偵はいきなりすっとんきょうな推理を披露し出した。
「ちょっと、あんた」と俺はその話を遮ろうとしたら
警部に止められた。

警部は人差し指を口元にあてて俺に黙るように指示した。
俺はちょっとむかついた。
これは俺が刑事になって初めての殺人現場だったのだ。
それなのに、なぜこんな男のー。

引用元:「日曜は勝手にショートショート」

Powered By 画RSS


あっ、いきなり男が首に手を当てると椅子に座り込んだ。
こいつ、寝てる。
しかし今、首に何か刺さったよね。
何かが飛んできた方向を見ると、チビがいた。

なぜか殺人現場でフラフラしていて、時々鋭いことを言う小学生だ。
小学生がなんで殺人現場にいるのか、警部に質問したら
やはり警部は人差し指を口にあてたのだった。
あいつは、いったい。

あ、小学生が眠ってる探偵の椅子の後ろに隠れて
蝶ネクタイをひっぱった。
だいたいが小学生が蝶ネクタイをしてるってのが変だ。

驚いたことに小学生は蝶ネクタイを通して探偵と同じ声を出し、推理を披露し始めた。
「警部、あの椅子の後ろに」
「しっ。知らんふりしろ」

知らんふりって言っても、しゃべってるのはあの小学生で。
周りを見回すと、その場の人達は誰も小学生に気づいていないようだった。
いや、気づいていても知らんふりしているのかも。

小学生は最後に被害者の妻を犯人だと指摘した。
すると妻はいきなり自供を始めて、逮捕された。
警部は「いやあ、さすがは」と寝ている探偵を褒めた。

「でも、警部、しゃべっていたのは、椅子の後ろのチビで」
「しっ」警部は俺をにらみつけた。「お約束事なんだ」
「こなんお約束事は、いえ、こんなお約束事はおかしいです」

「事件が解決すればいいんだ、余計な事言うな」
俺は言葉を失った。


それでいいのかー。

引用元:「日曜は勝手にショートショート」

loli-17

最新情報!!