loli-17

1: :2008/12/08(月) 13:40:18 ID:
『ジョーカー・ゲーム』が好評なようなので立てました。
歴史上の人物や、東西の文豪作品の登場人物を主人公にした
作品をメインに執筆。最新作(上記)で新機軸か!?

■受賞歴
1998年:挙匪(ボクサーズ) 歴史群像大賞佳作
2001年:贋作『坊っちゃん』殺人事件』 第12回朝日新人文学賞受賞

■柳広司ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/柳広司 

Powered By 画RSS


3: :2008/12/08(月) 14:49:42 ID:
>>1
乙!
湊かなえなんかのスレが立つのにこの人のが無いなんてと思っていた。

まだ「はじまりの島」しか読んでないからしばらく楽しめるぜ!
ガラパゴスという特殊な地理を利用したトリックが巧いと思った。
「ジョーカー・ゲーム」ももうすぐ読むぜい!
4: :2008/12/08(月) 15:31:51 ID:
>>3
個人的には、ジョーカー・ゲームは別格として、贋作『坊っちゃん』殺人事件やトーキョー・プリズン、百万のマルコなんかが面白かったよ。

自分は湊のスレにもよく顔出すんだがw仲良くやりましょう!
6: :2008/12/08(月) 16:04:09 ID:
>>4
情報サンキュー
「我輩はシャーロック・ホームズである」も気になる
2: :2008/12/08(月) 13:46:55 ID:
■出版リスト

・黄金の灰 (2001年:原書房)→(2006年:創元推理文庫)

・贋作『坊っちゃん』殺人事件 (2001年:朝日新聞社)→(2005年:集英社文庫)

・饗宴(シュンポシオン) ― ソクラテス最後の事件 (2001年:原書房)→(2007年:創元推理文庫)
 
・はじまりの島 (2002年:朝日新聞社)→(2006年:創元推理文庫)

・新世界 (2003年:新潮社)→(2006年:角川文庫)
 
・パルテノン ― アクロポリスを巡る三つの物語 (2004年:実業之日本社)
 
・聖フランシスコ・ザビエルの首 (2004年:講談社ノベルズ)→(2008年:講談社文庫) ※文庫化時に改題:ザビエルの首
 
・吾輩はシャーロック・ホームズである (2005年:小学館)


・トーキョー・プリズン (2006年:角川書店)→(2009年1月:角川文庫)
 
・シートン(探偵)動物記 (2006年:光文社)
 
・百万のマルコ (2007年:創元推理文庫) ※文庫書き下ろし
 
・漱石先生の事件簿 ― 猫の巻 (2007年:理論社) 

・ジョーカー・ゲーム (2008年:角川グループ・パブリッシング)

7: :2008/12/08(月) 16:43:16 ID:
船橋の本屋でアホみたいにサイン本積んであるな。たぶん文庫にも全部。
ジョーカーしかもってないけど何買おう
8: :2008/12/08(月) 16:52:08 ID:
>>7
文庫までサイン本とはすごいなw
古い単行本が絶版なってるからか…
いいなぁ~船橋のどこですか?
 
>ジョーカーしかもってないけど何買おう
でっかいハズレはない作家なので直感でよろしいかと。
14: :2008/12/08(月) 19:17:14 ID:
本格書いてもいわゆる本格じゃない。
ってトコが言いえて妙だねw

誰か比較できそうな現代作家はいるかな?
自分は、作風は違うが大倉崇裕なんかが山岳ものや落語もので確立してきた感があり、無意識に比べてることがあります。
24: :2008/12/08(月) 20:30:46 ID:
ジョーカーゲーム
こんなにワクテカしながら読んだ本は最近めずらしいな
 
初めての作家だったので期待もしてないぶん読み始めてからの
高揚感が凄かった。
作者がイケ面過ぎでびっくり
25: :2008/12/08(月) 20:47:07 ID:
>>24
他のも著作もお薦めですぞw
ただしジョーカー・ゲームと似たものを求めると肩透かしを食らうかもしれんが。

27: :2008/12/08(月) 21:02:23 ID:
イケメンでギリシアで人生に悩んで。
哲学ミステリー書いてか。
29: :2008/12/08(月) 21:11:37 ID:
>>27
クソーッ!!
そこだけ見たら憎々しいなw
30: :2008/12/08(月) 21:16:47 ID:
>>29
憎々しいなw
しかもこのミス二位だぜ、ちくしょうめw
32: :2008/12/09(火) 00:16:53 ID:
>>30
我々以上に笠井潔が地団駄を踏んでることでしょうw
33: :2008/12/09(火) 06:43:02 ID:
>>32
詳しくw
34: :2008/12/09(火) 12:32:56 ID:
>>33
柳氏→ギリシアで人生に悩んで。哲学ミステリーを書いて
笠井氏→は人生に悩んでフランスへ。哲学ミステリー書いて

ここまでは似てるw

>イケメンで  ←ここ違うw
>このミス二位 ←ここ全然違うwww

ムキーッ!! 憎々しい!!バンバンッ! ←笠井氏
こんな感じかな?w
31: :2008/12/08(月) 21:58:23 ID:
バカミスの雄でもあるけどな。
作品の半分はバカミス。
35: :2008/12/09(火) 19:13:10 ID:
この人の作品は歴史上の人物書いても全く別人にしちゃうんだよな。
そこがいいんだが。
漱石とホームズの話とか、全て漱石の実際のエピソードから話を作っているらしい。

ダーウィンでも何でこんなことまで調べているのかと驚くぐらい。
でもそこからの物語は歴史上実在した漱石やダーウィンが絶対やらないことばかり。すげえ徒労。
 
だがそこにこそ企みがある。通常当たり前に見えてる世界の捉え方を象徴される人物通じてひっくり返すために。
ジョーカーゲームだってエンタメに見えてやっていることは同じ。
38: :2008/12/09(火) 20:16:59 ID:
的確な推察、めっちゃ参考にさせてもらいました。
んでもってむっちゃ笑わかてもらいましたよw

この人の仕込みが凄いのは、作品を読めばある程度納得なんだけど
それに裏打ちされたリアリティを、登場人物の行動(奇行?)がブッ壊すのが痛快であり、>すげえ徒労。とは言い当てた感じですねw

今後も分かりやすい解説ヨロシクです!
では、名無しに戻ります。

48: :2008/12/11(木) 02:02:29 ID:
■2008年「ジョーカー・ゲーム」ランキング結果

「このミステリーがすごい! 2009年版」…2位
「2009 本格ミステリ・ベスト10」…………12位
「週刊文春 2008 ミステリ・ベスト10」……3位
「ミステリが読みたい! 2009年版」………8位
「PLAYBOY ミステリー大賞 2008」…………6位
「本格ミステリー・ワールド 2009」………未定
「ミステリチャンネル 闘うベストテン 2008」………未定
51: :2008/12/13(土) 21:06:19 ID:
>>50 
> コワいのは、これから執筆依頼が「ジョーカー~」みたいな
> 作風に偏っちゃうことだよなぁ…ありうるなぁ…


イケメンだけど性格はひねくれているから、いい意味で裏切ってくれそうだけど、むしろ二三年は商売に徹して注文に応じて職人芸を磨いてくれた方がいいような。
難しいところだ。
52: :2008/12/14(日) 04:18:55 ID:
>>51
>イケメンだけど性格はひねくれているから
ワロタw

まぁこの人の場合は新しい分野(題材)に挑戦した作品こそこれまでのファンなら読みたいと思うし、歴史系の作品を封印するとは思えないから安心してるんだけどね。

「ジョーカー~読んで良かったけど○○はガッカリ」なんて感想が今後出てくるのを予想すると歯がゆくなってしまうw
まぁとにかく「月と虎」に期待だね!
53: :2008/12/14(日) 12:33:05 ID:
>>52
中島敦をどうひねるかだよな。
あれが何やったらミステリーになるのか(笑)
54: :2008/12/14(日) 12:44:39 ID:
>>53
どんな良作でも「ジョーカー~」のみの読者が戸惑わなければいいが。

最新情報!!