ミステリー小説まとめチャンネル

2ちゃんねるから酒の肴になるネタを厳選まとめ!!

Powered By 画RSS
Powered by BlogRing

カテゴリ:ホラー小説

loli-17

1: :2010/09/20(月) 20:53:36 ID:
もっとしこってくれっ、もっとしこってくれっ
6: :2010/09/24(金) 00:40:58 ID:
西村寿行を広める役目を授けよう
7: :2010/09/25(土) 08:36:51 ID:
飴ちゃんって何で大学中退したの
【精液と糞尿まみれのミステリー小説! 飴村行の作品を語ろう! 耐性のない人は読まない方が…】の続きを読む

1: :2014/07/10(木) 05:01:02.89 ID:
なおクリムゾンの迷宮は読んだもよう


6: :2014/07/10(木) 05:06:51.84 ID:
>>1
クリムゾンを挙げているということはゼロサムゲーム希望なのか?
9: :2014/07/10(木) 05:09:29.48 ID:
>>6
いや別に
恐怖を味わえれば何でもいい
【殺人鬼から逃げるようなタイプの小説教えてくれ!】の続きを読む


【ストーリー】
刑務所で作られた椅子に奇妙な文章が彫られていた。家族を惨殺した猟奇殺人犯が残した不可解な単語は哀しい事件の真相を示しており…(「〓(ケモノ)」)。

同級生のひどい攻撃に怯えて毎日を送る僕は、ある女の人と出会う。彼女が持つ、何でも中に入れられる不思議なキャンバス。僕はその中に恐怖心を取って欲しいと頼むが…(「悪意の顔」)。心の「鬼」に捕らわれた男女が迎える予想外の終局とは。
驚愕必至の衝撃作。

【著者略歴】
道尾秀介。1975年生まれ。04年「背の眼」でホラーサスペンス大賞特別賞を受賞しデビュー。07年『シャドウ』で本格ミステリ大賞、09年『カラスの親指』で日本推理作家協会賞、10年『龍神の雨』で大藪春彦賞、『光媒の花』で山本周五郎賞、11年『月と蟹』で直木賞を受賞。

【不気味な短編ミステリー小説、道尾秀介 『鬼の跫音』で背筋が凍る…】の続きを読む


【ストーリー】
伝説の『殺人鬼』、ふたたび。双葉山の惨劇から三年、最初にそれと遭遇したのは休暇中の一家。正義も勇気も家族愛も、ただ血の海に消えゆくのみ。そしてそれは山を降り、麓の街に侵攻するのだ。

病院を、平和な家庭を、凄惨な地獄風景に変えていく。殺す、殺す、殺す…ひたすら殺戮を欲する怪物に独り立ち向かうのは、不思議な“能力”を持った少年・真実哉。絶望的な闘いの果てに待ち受ける、驚愕と戦慄の結末とは!?。

【【閲覧注意】 なグロミステリー小説、綾辻行人『殺人鬼 逆襲編』の読後感が爽快な件】の続きを読む

1: :2012/03/07(水) 23:02:46.66 ID:
どれ、来いや
3: :2012/03/07(水) 23:03:18.43 ID:

8: :2012/03/07(水) 23:04:03.25 ID:
>>3
は何が怖いんだ
13: :2012/03/07(水) 23:05:17.47 ID:
>>8
お前にはどんな表情に見える?
【【閲覧注意】絵画のミステリー! 見ていると表情が変わる不気味な画像】の続きを読む

このページのトップヘ