ミステリー小説まとめチャンネル

2ちゃんねるから酒の肴になるネタを厳選まとめ!!

Powered By 画RSS
Powered by BlogRing

カテゴリ:翻訳ミステリー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2: :2014/05/17(土) 23:13:32.03 ID:
呪われた町でしょ


3: :2014/05/17(土) 23:14:11.27 ID:
ITは?


4: :2014/05/17(土) 23:14:18.01 ID:
ドリームキャッチャー


5: :2014/05/17(土) 23:14:28.17 ID:
>>4
これ
【スティーブン・キングで一番の傑作はシャイニングという風潮】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: :2005/11/10(木) 17:57:58 ID:
▼ここ50年で最高の犯罪小説は「寒い国から帰ってきたスパイ」 (REUTERS)

[ロンドン 8日 ロイター] 英国推理作家協会(CWA)は、過去50年で
最高の作品に贈る「ダガー・オブ・ダガーズ」賞にジョン・ル・カレ(74)の
「寒い国から帰ってきたスパイ」(1963年)を選んだ。
 
マーティン・クルーズ・スミスの「ゴーリキー・パーク」といった古典作品を押しのけての受賞したル・カレは「全く予想もしていなかったので感激です。仲間の小説家たちの賞賛を受けての受賞なのでますます感激です」と語った。
しかしル・カレはゴールデン・ジュビリー賞の授賞式には欠席した。
 
出版社を通じて「新作のリサーチ旅行のために式に出席できず申し訳ありません。
でも心から感謝いたします」とコメントした。 

2005年度のダガー賞に、英犯罪小説家協会はアイスランド人作家Arnaldur Indridasonの「Silence of the Grave」を選んだ。
感激して「言葉もありません。スピーチはできません。感謝するのみです」と語った。

関連リンク
http://www.thecwa.co.uk/
http://www.thecwa.co.uk/daggers/2005/daggerofdaggers.html
【【文学】ここ50年で最高の犯罪小説は「寒い国から帰ってきたスパイ」…英国推理作家協会】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:2009/09/19(土) 01:45:20.12 ID:
20世紀初期の作品だけどゆとりの俺が読んでも楽しめる?
そんのときの時代背景を知らないと全く理解できないとかってないかな?
2:2009/09/19(土) 01:46:20.74 ID:
迷わず読めよ
読めば分かるさ
3:2009/09/19(土) 01:46:45.72 ID:
>>2
が真理
4:2009/09/19(土) 01:47:15.62 ID:
なんでとりあえず読もうと思わないかが分からん
具体的な作家まであげて・・・
  【アガサクリスティとか古典のミステリーに詳しい人教えてくれ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:2013/02/09(土) 20:33:06.93 ID:
自分は短編が好きです
2:2013/02/09(土) 20:34:07.96 ID:
ペットセメタリーの人か
他にも見たような見てないような
3:2013/02/09(土) 20:35:07.86 ID:
ゴールデンボール(難聴)
5:2013/02/09(土) 20:36:51.75 ID:
フラッシュゴードン
なつかしい
【スティーブン・キングとかいう十割バッター作家】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:2010/04/19(月) 18:04:38 ID:
プロの翻訳家が選ぶ異色のミステリー大賞 第1回受賞作に「犬の力」

独自性を生かした文学賞が次々と創設される中、このほど誕生した「翻訳ミステリー大賞」は異色だ。
審査員の対象を“フィクション小説の翻訳経験のあるプロの翻訳家”と限定。
シャーロック・ホームズなどが流行(はや)った時代と違い、深刻な活字離れで翻訳本も売れない今、翻訳家自ら翻訳本の魅力を読者に伝えようと立ち上がった。(戸津井康之)

「近年、元気のない翻訳ミステリー界に活を入れたい」。
米探偵小説の重鎮で、ローレンス・ブロックの翻訳などで知られる田口俊樹さん、 新進の米作家、ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」の翻訳などを手掛ける越前敏弥さんら翻訳家有志5人が発起人となり、昨年秋、翻訳ミステリー大賞の事務局を創設。
インターネット上にサイトを立ち上げ、賞の開催を発表した。

ホームズ、ルパンといった主人公が活躍する翻訳ミステリーは、日本でも古くから紹介され、長く親しまれてきた。
その伝統は今も受け継がれ、さらに多くの魅力的な主人公が新たに紹介されている。
しかし、幹事の田口さんは「残念ながら知名度はホームズに遠く及ばない。
作品の質も量もより豊かになっているのに。そんな現状に一石を投じ、
一人でも多くの方々に翻訳ミステリーを手に取ってもらう一助になればと思った」と語る。
 
>>2以降へ続く)

■ソース:MSN産経ニュース 2010.4.19 08:24
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/100419/bks1004190826000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/100419/bks1004190826000-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/100419/bks1004190826000-n3.htm

▼関連リンク
・翻訳ミステリー大賞シンジケート
http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/
【【文芸】プロの翻訳家が選ぶ異色のミステリー大賞 第1回受賞作にドン・ウィンズロウ/東江一紀訳『犬の力』】の続きを読む

このページのトップヘ