ミステリー小説まとめチャンネル

2ちゃんねるから酒の肴になるネタを厳選まとめ!!

Powered By 画RSS
Powered by BlogRing

カテゴリ:ランキング

2: :2012/12/14(金) 11:45:21.18 ID:
「本格」健闘 女性も躍進 四半世紀ぶり東西ミステリーベスト

発表年代を問わず、古今東西の全ミステリー作品を対象にした「東西ミステリーベスト100」(週刊文春臨時増刊)が発売された。
昭和60年以来27年ぶりという特集には、時代の変遷を伝える興味深い顔ぶれが並んだ。

順位は、日本推理作家協会員ら国内のミステリー通389人の回答をもとに算出された。

国内編の1、2位は前回と同じ。昭和60年以降に発表された作品では、宮部みゆきさんの『火車』が最高位。 前回ベストテンには女性作家がいなかったので、これも四半世紀の変化といえる。
島田荘司さんら本格推理の躍進が目立つ一方で、近年ブームの警察小説は意外にも苦戦している。

海外編では、一昨年の生誕120年で、新訳も相次いだアガサ・クリスティ(英)が、エラリー・クイーン(米)を逆転。
大きく順位を上げた『シャーロック・ホームズの冒険』=コナン・ドイル(英)=や、 新顔の『羊たちの沈黙』=トマス・ハリス(米)=など、映画化の成功が高評価に結びついた印象がある。

臨時増刊では、国内、海外ともに100位までの作品について、あらすじとうんちくが紹介されている。
MSN産経ニュース 2012.12.13 08:14
【【文芸】四半世紀ぶり東西ミステリーベスト!国内編1位は横溝正史『獄門 ...】の続きを読む

54:2012/05/13(日) 18:03:49.01 ID:

合う合わないがあるからねぇ
元々ドイルが好きで、最近古い作家のミステリーから入っていこうと思って クイーン、カー、クリスティと読んだけどクリスティは自分には合わなかったな
誰もいなくなったとかは名作だと思うけど


【つまらなかったミステリー小説 一冊目】の続きを読む

このページのトップヘ