やあ、みんな。僕はトキオ。M中の3年生だ。
自分で言うのも何だけど、二枚目でスポーツマン、頭も良くて歌もうまい。僕が廊下を歩けば、みんなうっとりと僕を見る。
いやあ、天は僕に二物も三物も与えちゃって、もう、なんて不公平なんだろ。
部活はバスケ、クラスはE組。

僕らの3年E組の担任は、M中のアイドルこと、福井先生。
M中の中では若手で、例えるならば鈴木杏樹のような口の大きめの美人と言おうか。
なーんて、ちょっとほめすぎちゃったかな。
でも男子生徒の密かな人気者となっている。


引用元:「日曜は勝手にショートショート」
【【ミステリー小説】 M中の事件簿1「銀紙チェック」( 日曜は勝手にショートショート)】の続きを読む