ミステリー小説まとめチャンネル

2ちゃんねるから酒の肴になるネタを厳選まとめ!!

Powered By 画RSS
Powered by BlogRing

タグ:本格ミステリー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: :2014/06/25(水) 12:28:05.45 ID:
麻耶雄嵩について語りましょう、愛ある限り。

3: :2014/06/25(水) 12:29:57.23 ID:
<著作リスト>
1991『翼ある闇―メルカトル鮎最後の事件』      
1993『夏と冬の奏鳴曲(ソナタ)』         
1995『痾(あ)』                 
1996『あいにくの雨で』              
1997『メルカトルと美袋のための殺人』        
1997『鴉』                     
2000『木製の王子』                 
2002『まほろ市の殺人 秋―闇雲A子と憂鬱刑事』  
2004『名探偵 木更津悠也』            
2004『螢』
2005『神様ゲーム』                
2010『貴族探偵』                  
2010『隻眼の少女』                 
2011『メルカトルかく語りき』            
2013『貴族探偵対女探偵』 
             
【【ミステリー小説】 麻耶雄嵩について語りましょう! 愛ある限り。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
loli-17

9: :04/02/10 01:18 ID:
法月を略すとNori、これを入れ替えるとNoir
つまりほんとはノワール志向が込められたペンネームだったのです
12: :04/02/11 13:13 ID:
法月をホウゲツと読んでた人が前スレにいたが、
俺は真保裕一だな。マホだと思ってたよ・・・
13: :04/02/11 13:25 ID:
「倫太郎」と思い込んでる人もかなりいそう。
【【ミステリー小説】 法月綸太郎の「頼子のために」を読み直しました。私にとってはミステリーを読むきっかけになった重要な本です。新作長編が読みたいですー!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
loli-17

4: :2014/11/02(日) 22:58:35.70 ID:
学生アリスシリーズ
1989『月光ゲーム』
1989『孤島パズル』
1992『双頭の悪魔』
2007『女王国の城』
2012『江神二郎の洞察』(短編集)

<著者名小説単行本未収録リスト>
「望月周平の秘かな旅」『創元推理2 1993年春号』(東京創元社)
「古都パズル」『ミステリーズ! vol.60 AUGUST 2013』(東京創元社)
「蒼ざめた星」(エッセイ集『本格ミステリの王国』に手書き原稿収録)
【【ミステリー小説】 有栖川有栖作品。私はいい年した中年のおっさんですが、自分の好きな作家のファンが多いのは、やはり嬉しいもんですよ!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
loli-17

1: :2000/10/21(土) 01:47 ID:
今さらといってはなんですが、歌野晶午の「死体を買う男」を読みました。めちゃくちゃおもしろかったです。いままで清涼院流水を読んでゲラゲラ笑って満足してた自分がアホでした。というわけで質問です。
 
「死体を買う男」は歌野作品の中でどのくらいのレベルの物なのでしょうか?
また、最高作でないのならばどれがおすすめですか?
よんだ方お願いします
2: :2000/10/21(土) 01:51 ID:
最高作です。

「死体を買う男」>>>>>>>「長い家の殺人」>「ROMMY」>
「白い家の殺人」>その他(未読)
【【ミステリー小説】 歌野晶午の「死体を買う男」を読みました。めちゃくちゃおもしろかったです。いままで清涼院流水を読んでゲラゲラ笑って満足してた自分がアホでした…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
loli-17

1: :02/09/26 16:27 ID:
9月24日、再生不良性貧血のため逝去
ヽ(`Д´)ノ  ウワァァン!!!!!!
42: :02/09/26 17:23 ID:
嗚呼、遂にか…
ただただ合掌。何より、「すばらしいミステリを有難うございました」と言いたい。
48: :02/09/26 17:29 ID:
何と、鮎川先生、亡くなったのか……
思えば、中2の夏に従兄から借りて読んだ「黒いトランク」が、
初めての鮎川哲也、初めてのミステリだったな。
以来、自分の中で特別な存在になっていた。
マッチ箱を二つ用意して、「こっちがこのトランクで、こっちがあれで」とやったのを思い出した。
合掌。
>>42
と同じく、感謝の気持ちでいっぱいだ。
今夜は、「黒いトランク」を読み返そう。
【ミステリー小説界の巨匠! 鮎川哲也追悼スレッド】の続きを読む

このページのトップヘ