ミステリー小説まとめチャンネル

2ちゃんねるから酒の肴になるネタを厳選まとめ!!

Powered By 画RSS
Powered by BlogRing

タグ:清涼院流水

loli-17

1: :2014/11/24(月) 20:25:33.17 ID:
名探偵が「俺の周りで人が死にすぎている…」と気づく、というようなメタな展開をする作品があったら教えていただきたいです。
小説でもラノベでも漫画でも映画でもドラマでもかまいません。

汀こるものの「THANATOSシリーズ」では家から出ると必ず事件が起こるなぞの体質をもったキャラクタが主人公です。
その体質を警察も理解しているため、常に警官をボディーガードに付けているぐらいです。
もちろん、それでも事件が起こり謎を解決しないといけないのが面白いポイントです。

西尾維新の「掟上今日子の忘備録」では主人公が事件に巻き込まれる体質で、本人もそれを自覚しています。
但し、本人は探偵ではなく依頼人。
既刊も一冊で現段階で、死人は一人だけですけれど。

架神恭介の「飛行迷宮学園ダンゲロス―『蠍座の名探偵』―」では「名探偵がいるだけで、惨い殺人が起こって、みんな死ぬ」というそのものズバリな異能を保有するキャラが登場します。
作中の異能獲得の仕組み上そのキャラは自分の能力を自覚していて、しかも積極的に活用してます。

東野圭吾の「名探偵の掟」。
完璧なメタフィクションです。


ぜんぶんはそーす
http://q.hatena.ne.jp/touch/1416111953
【【ミステリー小説】 画期的な推理小説考えた 名探偵が「俺の周りで人が死にすぎている」と気付きその謎に迫る どうよ?】の続きを読む


【ストーリー】
それは、わずか十五秒の奇妙な悪夢から始まった。人気TV番組『ゴールデンU』に出ていた、もう一人の自分自身。
あの「木村彰一さん」は誰だ?同じ街に住む、同姓同名で同い年のそっくりさん?「違うんだ、あれはおれじゃない!」日本中の注目を一身に浴びる中、彰一は不可解な陰謀から逃れようとするが…。著者渾身の新感覚ミステリ。

【著者略歴 】
 1974年8月9日、兵庫県生まれ。日本でただ一人の「大説家」を名乗るエンターテインメント作家。96年、「コズミック」(講談社刊)で第二回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【清流院流水のミステリー小説じゃなくて大説、『億千人の人間CMスキャンダル』を読んだのだが…】の続きを読む

1: :2014/01/22(水) 22:00:32.92 ID:
デビュー5周年を迎えました
2: :2014/01/22(水) 22:01:01.62 ID:
1番関心したトリックってなに?
3: :2014/01/22(水) 22:01:10.05 ID:
清涼院流水って知ってる?
4: :2014/01/22(水) 22:02:29.00 ID:
>>2
大学生の時に読んだ「十角館の殺人」


  【推理作家だけど何か質問ある?】の続きを読む

1: :2011/05/14(土) 18:12:37.16 ID:
西尾維新が尊敬してるっぽいから読んだがよくわからん。


2: :2011/05/14(土) 18:15:10.57 ID:
舞城のほうが好き


3: :2011/05/16(月) 17:03:47.33 ID:
ペンネームサムイな
【西尾維新、舞城王太郎が尊敬してる清涼院流水の本って何が面白いの?】の続きを読む

このページのトップヘ